• 2022年2月27日
  • 2022年2月27日

別所岳(石川)|能登半島の山々①

更新日:令和4年2月27日|40分ほど|体力★☆☆☆☆・展望★★★☆☆・静けさ★★★★☆・技術★☆☆☆☆・危険度★☆☆☆☆・初心者向け|山頂からは、奥能登の山景や七尾湾、立山連峰などが一望できる予定でしたが、残念ながら薄曇りで望めない山旅となりました。自然公園ではバードウォッチングも愉しめるそうです […]

  • 2022年2月19日
  • 2022年2月19日

天皇山(青森)|津軽半島の付け根付近にある山

更新日:令和4年2月19日|15分ほど|体力★☆☆☆☆・展望★☆☆☆☆・静けさ★★★★☆・技術★☆☆☆☆・危険度★☆☆☆☆・初心者向け|山名は安徳天皇がかくまわれたことが由来となっているようです。山頂には稲荷神社の拝殿があり、その両側にはキツネを祀った小祠もあります。山頂一帯はカシワの木々や黒松で眺 […]

  • 2022年2月12日
  • 2022年2月19日

多峯主山(埼玉)|飯能市の市街地からすぐ近くにあるお散歩の山

更新日:令和4年2月12日|15分ほど|体力★☆☆☆☆・展望★★☆☆☆・静けさ★★★★☆・技術★☆☆☆☆・危険度★☆☆☆☆・初心者向け|手軽にお散歩できる山歩きです。山頂からは富士山や、大岳山などの奥多摩の山並み、伊豆ヶ岳などの奥武蔵の山並みが眺められる山旅です。   多峯主山{トウノスヤマ}(27 […]

  • 2022年2月11日
  • 2022年2月11日

御岳山・大塚山(東京)|樹齢1000年とも言われる銘木「神代けやき」が魅力の山旅

更新日:令和4年2月11日|1時間位(ケーブルカーを降りて、山頂までは30分位)歩きの場合は1時間半位|体力★★☆☆☆・展望★★☆☆☆・静けさ★★★★☆・技術★☆☆☆☆・危険度★☆☆☆☆・初心者向け|ケーブルカーを利用の山旅です。樹齢1000年とも言われる銘木「神代けやき」や、300段を超える石段を […]

  • 2022年2月6日
  • 2022年2月6日

御嶽山(埼玉)|お世話になっている方への感謝をこめて、困民党の足跡を辿る山旅

更新日:令和4年2月6日|参考タイム2時間30分くらい|体力★☆☆☆☆・展望★★★★☆・静けさ★★★☆☆・技術★☆☆☆☆・危険度★☆☆☆☆・初心者向け|埼玉県最北の山で、群馬県との県境となっている神流川の南端に隆起するようにある山。中腹にある「鏡岩」と呼ばれる場所は、鏡のように輝く一枚岩で国指定特別 […]

  • 2022年2月5日
  • 2022年2月5日

笠置山(岐阜)|山頂付近の物見岩からの眺望は抜群!(※転落注意)

更新日:令和4年2月5日|参考タイム40分くらい|体力★☆☆☆☆・展望★★★☆☆・静けさ★★★☆☆・技術★☆☆☆☆・危険度★★☆☆☆・初心者向け|岐阜県恵那市と中津川市にまたがる標高1,128mの山で、この地方で最も高い。平安中期の法皇花山院によって、京都の笠置山と形が似ているところから名付けられた […]

  • 2022年1月30日
  • 2022年1月30日

金山(群馬)|戦国時代の山城の旅

更新日:令和4年1月30日|参考タイム1時間半くらい|体力★★☆☆☆・展望★★★☆☆・静けさ★★★★☆・技術★★☆☆☆・危険度★★☆☆☆・初心者向け|標高239mの金山山頂の実城(みじょう)を中心に、戦国時代の山城です。石垣や石敷きが多用されているのが特徴的な山旅です。 金山{カナヤマ}(239m) […]

  • 2022年1月29日
  • 2022年1月30日

箒沢 権現山(神奈川)|迷子に注意!西丹沢のマイナールートを行く

更新日:令和4年1月29日|参考タイム 西丹沢自然教室P(40分)畦ヶ丸分岐「テーブルの場所」(1時間20分)尾根取付点(30分)頂上(2時間)|体力★★★☆☆・展望★★★☆☆・静けさ★★★★☆・技術★★☆☆☆・危険度★★☆☆☆・中級者向け|天然記念物の樹齢2000年の杉の木にも出会いました。途中ミ […]

  • 2022年1月28日
  • 2022年1月29日

世附 権現山(神奈川)|丹沢湖の北側にそびえる山

更新日:令和4年1月28日|登山口から1時間半くらい|体力★★★☆☆・展望★★★☆☆・静けさ★★★★☆・技術★★☆☆☆・危険度★★☆☆☆・中級者向け|丹沢湖の北側にそびえる山で、山頂には二等三角点と苔むした祠がある。山頂からの展望はあまりよくないと言われているが、落葉後の季節だから、富士山は勿論のこ […]

  • 2022年1月16日
  • 2022年1月16日

唐松尾山(埼玉・山梨)|多摩水源の山々の最高峰の山

更新日:令和4年1月16日|往復7時間程度|体力★★★☆☆・展望★★★☆☆・静けさ★★★★☆・技術★★☆☆☆・危険度★★☆☆☆・中級者向け|奥秩父連峰の雁がん峠と将監しょうげん峠との中間にあり、多摩水源の山々の最高峰の唐松尾山は余り登られていないニッチな山となります。是非笠取山に宿泊して、ゆっくりと […]