焼石岳(岩手)

  • 2020年11月7日
  • 2020年11月27日
  • 200名山
  • 5View
  • 0件

53 焼石(やけいし)(だけ)(1548m) ★二百名山★ *花の百名山*

県=岩手 栗駒高原  一等三角点 

同行者=石井ご夫妻

登山日:2002年6月28~29日


人気ブログランキング
Outdoor Style サンデーマウンテン

 栗駒国定公園の北部に位置する、火山群の中に沢山の湖沼や大雪渓が点在する、自然豊かな花の百名山である焼石岳に石井ご夫妻と訪れる。

 東北新幹線盛岡で下車して、駅前レンタカーでR397号を辿り、尿前(しとまえ)から林道を走り中沼登山口まで入った。登山口の大駐車場には「植物群落保護地域」「車上荒らしに注意」の看板が取り付けてあり注意を呼び掛けていた。私達はレンタカーなので窓や錠を確認して、晴れ渡った空の下歩き出した。

広い駐車場のある中沼登山口

 のっけから、急登の中沼コースを辿って高度を稼ぐ。新緑のブナ林の中を半時も登ると視界が開けて中沼に着いた。静かに佇む中沼と緑濃い樹林の奥に、靄に煙った雪渓を抱く焼石連峰が望め、素晴らしい景色の中で一服入れた。

中沼の上に煙る焼石連峰
雪霧の湧く雪渓

 中沼をあとに緩やかな荒沢沿いに進み、右手の沼の(ほとり)に咲くコバイケソウを見て、いよいよ花の名山に辿り着いた感を覚える。

中沼の畔にコバイケソウ

 上沼湿原の木道に乗りカラマツソウ・コバイケソウ・ミツガシワ・珍しい白花のシラネアオイ・ズダヤクシ・ミヤマキンポウゲ・シラネアオイ・そしてヒオウギアヤメ・ミネザクラ・ベニバナイチゴなど鑑賞しながら、沢通しを登ってブナ林が途切れると霧が立ち込め、ひんやりとした風と共に雪渓が現れた。

カラマツソウ
コバイケソウ
ミツガシワ
白花シラネアオイ
ズダヤクシ
ミヤマキンポウゲ
シラネアオイ
ヒオウギアヤメ
ミネザクラ
ベニバナイチゴ

 雪渓の周辺では、春と初夏の季節が入り混じり、早春の花であるミズバショウやミズスギナ・リュウキンカの群落の傍に、可憐なサンカヨウやハクサンチドリなど初夏の花が咲き始めていた。やがてつぶ沼コース分岐に至り、横岳東斜面の湿原の木道を、ひと登りでちょっと開けた場所に出た。岩の間から雪解け水が湧き出す銀名水で(のど)にしみ通る美味しさで何度も(うるお)した。  

ミズバショウ
ミズスギナ
リュウキンカ
サンカヨウ
ハクサンチドリ
花々の咲き誇る木道を行く
銀明水

 先の右手の石段を上がって今夜の寝床の銀名水避難小屋に着いた。真新しい小屋には何方(どなた)もおらず我々だけの占有かと思いきや、日が暮れてから広島からの二人組が入って来られた。彼らは夏油(げとう)温泉から入山し、経塚山を経由し、金明水避難小屋から焼石岳を踏んで、長丁場の山域を縦走、ここ銀明水避難小屋に降りてきたとの事。素晴らしい山旅の山談議に(ふけ)り賑やかな一夜を過ごした。

真新しい銀明水避難小屋

 やがて大雪渓の踏み跡を斜めに横切り、台地状の湿原に上がった。ここは花の楽園で、ヨツバシオガマ・イワギキョウ・ショウジョウバカマ・ワタスゲ・トウゲブキ・タチギボウシ、カラマツソウ等が咲き誇っていた。大満足の花の観賞をしながら歩を進め、(うば)(いし)平の縦走路分岐に着いた。

大雪渓を横切る
六合目より経塚山・天竺山を望む
ヨツバシオガマ
イワギキョウ
ショウジョウバカマ
ワタスゲ
カラマツソウ

 やや穏やかになった草原に、チングルマやアズマイチゲの可憐な白い花や、黄色に染めるミヤマキンバイやホソバイワベンケイ、そして鮮やかな紫のイワギキヨウが絨毯を敷いたように彩り、目を楽しませてくれた。何処までも続く花の饗宴に感動した。

チングルマ
アズマイチゲ

 分岐から泉水(せんすい)沼の畔で昼食をとった後、ザックをデポした。空身でカメラだけ持って横岳の鞍部を通り、ひと登りで一等三角点標石がある山頂に立った。眺望抜群の素晴らしいパノラマの中に見出す新たな山々に思いをはせ、夢を膨らませながら地図を広げ山座同定に(ひた)る。

泉水沼から焼石山頂を望む

 雲海の上に離れ小島のように、桑原岳の奥に栗駒山~神室山地、三界山の上に三森山と和賀岳。そして東北の名峰である雪を抱く鳥海山が浮び、申し分のない展望を充分に楽しみ山頂を後にした。

山頂から獅子ヶ鼻岳方面
山頂から栗駒(左)、桑原岳(手前)
山頂より 三界山(手前)、三森山(奥)

 往路をルンルン気分で再び花を観賞しながら、デポしたザックを背にした。花の見落としが無いか目配(めくば)りをしながら、うっかり灌木を見過(みすご)し可愛いらしいサラサドウダンと、タニウツギが麓とは一ヶ月遅れで咲いていて驚く。

サラサドウダン
タニウツギ

 木によって目覚める早さも違いがあるので、既に萌黄色で装った灌木もあれば、心なしか下るにつれて木々の梢から萌えだす緑の量が多く濃くなっていて、早春から一気に夏の日がギラギラ照る下界の駐車場に戻った。

 今夜は、斉藤さんが手配してくれた、金ヶ崎ゴルフ俱楽部ロッジに泊って明日、阿弖流(あてる)()遺跡を見学して、物見山(871m)「種山」を訪ねる予定。


総合旅行予約サイトの楽天トラベル


お名前.com


A8.net

 

 
当ブログで使用しているWPのテーマはTHE THORです。あなたも仲間入りしませんか?
・圧倒的にSEOに強い
・上位検索されやすい上に集客にも拘っている
・“デザイン着せ替え機能”が9種類もある
・ワンクリックでプロのデザイナーサイトが作成可能。

 

当ブログで使用しているドメインはお名前ドットコムです。
・ドメイン新規取得が1円~
・レンタルサーバー同時申し込みでドメインがずっと無料!
・サポートも日本語で安心!!
最新情報をチェックしよう!